脱毛器のオススメポイントを語る

脱毛器がほしい!注目はケノンだが、マジで効果あるの?
脱毛エステに行かなくてもマジで脱毛できるの?
と不安に思っていませんか?

その不安を徹底的に解消するべく、家庭用脱毛器の効果について、脱毛エステ、医療脱毛との比較をしました。。

5万円ほどかかるし、返金保証もないので吟味してから購入しよう!

口コミを見て満足度の高い脱毛器を選びましょう。

①価格 ②安全面 ③いろんな部位を脱毛器できるといった点から判断するといいでしょう。

家庭用脱毛器の価格

市販でも売られている脱毛器もあれば、amazonなどネットでしか購入できない脱毛器もあります。
お手頃価格といっても2万円~10万円と高額です。

脱毛エステで受けるよりは安いのです。

家庭用脱毛器は安全性でも選ぼう

長い期間使うためには、信頼できる脱毛マシンかどうか、肌に負担がかからないかどうかがとても大事です。

出力レベルが調整できる脱毛器を選ぶ

たとえば、ケノンは照射の出力レベルが10段階あるので、使用する部位や、肌の強さなどで調整することができる。他の脱毛器でもレベルはついていますが、ほとんどが5段階です。

このように、出力が調整できる脱毛器だと、肌がデリケートな部分は出力を下げる、などの微調整ができる。

それに家庭用の脱毛器ほとんど痛みがありません。

家庭用脱毛器の使い方 動画

脱毛エステでも痛みが少ないのですが、家庭用脱毛器なら自分で調整できるののが特徴です。

実際、毛が太いところを最大の出力で照射すれば痛いのですが、出力を調整すれば、輪ゴムでパチっとはじかれた程度です。

痛みで続けられなかったとなると意味ありませんので、痛みにデリケートな方にはおすすめです。

家庭用脱毛器は続けやすい

より脱毛効果を高めるためには、毛の周期に沿って継続して使用する必要があります。
その点で比べると、家庭用脱毛器は自分のタイミングでできますから、継続しやすい理由がたくさんあり、結果を出しやすいです。

照射回数の多さ

家庭用脱毛器はカートリッジ1つで照射する回数が限られています。
この数は脱毛器によってことなります。

中には思ってたのと違うもあり、高い料金で買ったのに、カートリッジ代が高い商品もあります。

本体価格は他より高めではありますが、回数が多いため、1回の照射費用は0.0385円ととても安くなっています。

家庭用脱毛器の照射部分が大きい方がメリットがあります。
たとえば、同じパーツをやるのでも照射回数が減り、時間が短縮される。。
家庭用脱毛器02照射面積が狭いと、時間がかかるだけでなくどこまでやったのかが分からなくなり、照射漏れ部分ができるため、一部分だけ毛が生えてきてしまったというようなことが起きてしまいますが、家庭用脱毛器の場合その失敗が少なくなります。

ホーム脱毛器はどれも軽い

脱毛器はの重さが120gで、他の脱毛器よりも圧倒的に軽いです。足などの広範囲の場合、何回も照射しないといけないので、少しでも軽い機械の方がしやすいです。

照射パワーは寿命があるが交換できる

脱毛器は充電式ではなくコンセント式です。

脱毛箇所を選ばずやりたいから充電式が良いと思いがちですが、充電式は、バッテリーの劣化が激しいという懸念要素があります。ちょっとしか使っていないのに、放置しておいたら弱くなっていたということもあります。

それに一回で広範囲をやろうとしたときに、途中で充電が切れてできなくなるということも起こります。

といいますか脱毛器は外出させるものでもありませんので、自分の家でやる分にはコンセント式でも全く問題ないはずです。ずっと高い出力で使えるコンセント式がおすすめです。

せっかく買ったのに脱毛できないパーツがあった、というようなことがあっては脱毛マシンを買った意味がありません。脱毛負荷の脱毛器が多い次の2つの部位も使用できるというのが、家庭用脱毛器の満足効果の高い理由です。

家庭用脱毛器は顔も脱毛できる

ホーム脱毛器には使用できない部位はありません。顔も全て使用できる。(皮膚が薄いところは出力レベルを調整する必要があります)

顔に対応している脱毛器は元々少なく、あっても一部分しか使用できないなど条件があります。その点ケノンは目の周りも含めて使用できるので、眉脱毛もできますし、多くの方が困っている鼻の下の産毛の処理もできる。

男性のヒゲもできるので、カートリッジを変更してファミリーで使いまわすこともできる。

家庭用脱毛器はVIOもできる

自宅で脱毛器を使う場合は、VIO(アンダーヘア)脱毛ができるかが大きなポイントです。アンダーヘアの処理をこっそりやりたくて脱毛器を検討する方も多いですよね。

特に今考えていない方も、後でやりたくなった時のために、VIO対応を選ぶことをおすすめします。水着の時でも安心という見た目もですが、蒸れやニオイが軽減されるというメリットもあります。

家庭用脱毛器に美顔機能が付いているものもある

カートリッジをスキンケア用に変えるだけで、美顔器としても使用することができます。

脱毛がメインなので他の美顔器と比べると劣ってはしまいますが、脱毛が満足した後も使用できるのはとても良いと言えます。

ケノンが家庭用脱毛器の中では最も満足効果が高いとお伝えしましたが、脱毛エステに通うのとではどう違うのかな?
と思う方も多いと思います。

脱毛器によって効果に差はない

結論から申しますと、脱毛効果だけに限って見ると、脱毛エステとほとんど違いはありません。家庭用脱毛器のフラッシュ脱毛は、脱毛エステでの光脱毛と仕組みは同じだからです。

最大出力パワーは脱毛エステのマシンの方が大きいかもしれませんが、サロンの場合、施術後の肌トラブルによるクレームを避けるために、最大出力はほとんど使用していません。

なので、サロンによっても、人もよっても違いがありますので一概には言えませんが、総合的に判断すると、多少の差はあっても激的に変わるほどの差はないといって良いでしょう。

脱毛器の効果はやり方次第

脱毛エステと家庭用脱毛器の大きな違いは、自分でやるか、プロに任せるか。
そのため料金が大きく異なります。どちらが合っているかは、人によって感覚が異なります。

家庭用脱毛器のメリット

・予約の必要がないので、自分のペースで脱毛可能
・通う手間がない
・毛を見られないので恥ずかしくない
・やりたいパーツを全部できる

家庭用脱毛器のデメリット

・結構根気がいる、面倒くさい
・手が届きにくいところはできない

脱毛エステのメリット

・プロがやってくれるので寝てるだけで良い
・背中も全身脱毛できる
・プロなのでスキルが高い

脱毛エステのデメリット

・人気のサロンは予約がとれない
・エステサロンには勧誘ある
・他人に毛を見られるのが恥ずかしい

失敗しないために大事なポイントは、店舗に行くことと自分で照射すること、どちらがより面倒に感じるかです。

予約を取ること、移動すること、会話することが面倒なのであればケノンを、ひたすら自分の身体にマシンを当てることが面倒なのであればサロンへ通いましょう。

金額に関しては、どこまでの部分の脱毛を考えているかで変わってきますが、もしも全身もしくは広範囲の脱毛に興味があるのであれば、ケノンを買ってしまった方が最終的にはお得だと考えられます。

家庭用脱毛器の場合、自分のペースで徐々に脱毛パーツを増やしていくことができますが、サロンの場合は都度契約をしないといけません。一パーツ脱毛すると、他のパーツもやりたくなってしまうもの。サロン通いの方も、気がついたらパーツが増えていたということが多いので、今の時点で全身の毛が気になっているのであれば、家庭用脱毛器の73,800円(税込)という金額は高すぎるものではないかと思われます。

3.ケノンと医療脱毛の効果比較

病院

次に、クリニックなどで施術してもらう医療脱毛との比較をしていきます。

3-1.脱毛効果は医療脱毛が高い

脱毛効果だけで比較すると、医療脱毛にはかないません。

まず最初に、「永久脱毛」というのは、医療脱毛でしか行うことができません。永久脱毛は医療行為です。(ちなみに「永久脱毛」といっても、毛の再生率が20%以下であるという定義があるため、永久に毛が生えてこないというわけではありません)

医療脱毛で扱うレーザー脱毛は、出力パワーが大きいため、医者や看護師など免許を持った人しか施術が認められていません。

それを、資格のない人(=エステティシャン)でも施術することができるように、出力パワーをおさえて作られたものが脱毛エステの光脱毛です。パワーが低い分、医療脱毛よりは効果は劣ります。これと同じ仕組で家庭用に作られたものが、家庭用脱毛器です。

3-2.満足効果は期間・金額・痛み次第

医療脱毛は脱毛効果が高い分金額が高い、痛みを増すという面もありますので、それを考慮した上で、どうしても全身を徹底的に脱毛したい!というのであれば、医療脱毛を受けることをおすすめします。

医療脱毛は1年あればほぼ完了することができますが、ケノン・脱毛エステの場合、2~3年はかかります。どうしても1年以内にこだわりたいのであれば医療脱毛にしよう。ただし、ケノン・脱毛エステの場合でも、1年続ければかなり目立たなくなります。

≫脱毛器の方が合っていた方はこちらでケノンを購入

4.家庭用脱毛器の効果を感じることができる人・できない人

2と3でお伝えしましたように、ケノンを買って後悔した、効果がなかったと言う人は、ケノンがダメだったというよりは、「家庭用脱毛器」を使って脱毛すること自体が性格上合っていなかった、という場合が多いです。毛の濃さなどは、回数や期間に違いはあるかと思いますが、効果の有無には影響しません。

改めて、ケノンが合っているかどうかのチェックポイントを作りましたので購入前に確認してみましょう。

家庭用脱毛器の効果を感じることができる人

・お店の予約をすることが嫌い
・店員さんと話をするのが苦手
・勧誘を断ることが苦手
・直前にならないと予定が分からず、スケジュールが決められない
・夜中しか空いている時間がない

家庭用脱毛器の効果を感じることができない人

・細かい作業をじっとすることが苦手
・何をしても続かない、途中で投げ出してしまう
・極度の面倒くさがり屋
・背中やうなじなど、細かいところまでくまなく脱毛したい

5.家庭用脱毛器の効果を最大限出す4つのポイント

せっかくケノンを買っても、正しい使い方をした人としていない人では得られる効果が異なります。最大限ケノンを活かすための4つのポイントをお伝えします。

家庭用脱毛器でレーザーを当てる前には冷却する

肌ダメージを防ぐために、脱毛器を使う前後は必ず付属の保冷剤を使って肌を冷却しよう。痛みを和らげる意味もありますし、痛みをとることで高い出力で照射が可能になります。面倒臭がらず、必ずこの作業はするようにしてください。

ただし、水滴がついた状態で当ててしまうと脱毛効果が落ちるので、必ず水滴は拭いてからマシンを当てましょう。

終わった後も油断してはいけません。パッと見問題なさそうでも、熱がこもった状態ですので、ここで適切な処置をしないと、肌が弱まってしまい脱毛ができなくなってしまいます。

期間を空けすぎず、2週間に一度の目安で当てるようにしよう。
ただ単に回数が多くなるからという理由だけではなく、毛の周期に沿っているため効率よく脱毛ができるのです。

ケアの周期を考えよう

毛は、大きく分けて成長期・退行期・休止期という3つのサイクルを1周しながら抜ける・生えるを繰り返していて、一番脱毛に適しているのは成長期です。

脱毛箇所にもよるが、おおよそ平均すると毛の周期が2週間なので、2週間置きに当てることで、次の毛が成長期になった時にちょうど良く当てることができます。

脱毛を繰り返すと、段々とサイクルが遅くなってきますので、毛の生えるスピードが遅くなってきたなと感じたら、2週間より空けても大丈夫です。

肌が敏感なパーツは出力レベルを下げる必要がありますが、
毎回低いレベルで照射していたのでは効果は弱まります。

まずは低めから始めて、部位に応じて徐々に強めにしていきましょう。

家庭用脱毛器では、脇や腕、脚は当たり前にできます。
さらに胸・VIO・顔などは、ゆっくり丁寧に脱毛できます。

脱毛器を使ったら保湿を心がける

なるべくパワーを上げて照射することが、脱毛効果を高めてくれますが、その際に大事なことが肌の保湿です。

保湿が不十分だと、肌がダメージを受けてしまうため、少しの刺激でも荒れてしまうということが起こります。そうなるとレベルを下げないといけなくなるのでその分脱毛効果も落ちてしまいます。

脱毛する部位は特に念入りに、ボディでも化粧水とクリームを塗ってしっかり乾燥から守ることがポイントです。

もし、ケノンを買いたいけどどこで買えば良いのかなとお悩みの方は、公式HPから購入すると間違いはありません。
正規で購入した人以外は修理不可、付属品の購入不可のため、絶対にオークション等などで中古品は買わないでください。

脱毛について基礎知識

今では数多い脱毛サロンでV.I.Oラインの脱毛を行っておりますので、家やバイト先などに近くのサロン、料金や施術の方法などが自分に適しているかどうかで安全な脱毛サロンを選択するべきです。

今はネット上で色々な情報を得ることが可能なので、どのサロンがいいか情報を確認しながら選択する事も可能ですし、有名じゃなくてもキレイに施術できるサロンは沢山あるようなので信頼できるサロンを選んでみましょう。

現在は女性だけではなく、ムダ毛処理をする男性も増えているようですが、わきだけではなく、脱毛に男女の差はなくて、男性も女性もワキガは嫌いだと言う方が多いので、ニオイを気にせずに済むよう脇毛の脱毛はしておくようにしましょう。

全身脱毛のコース内容は全部の毛の事だと思われてしまうようですが、サロンによってコース内容は違い全身のプランに含まれない部位も沢山あると思うので、契約をする前に脱毛箇所をしっかりチェックして下さい。

脱毛専門サロンは予約が必要となりますが、人気サロンだと予約をするのが困難な状態になっているので、早めに予約の電話をしてもらって、都合のいい日に予約が取れる状態にしたらいいと思います。

永久脱毛の施術は、痛みを感じたり、お金がなくて苦しくなることもありますが、最近の脱毛エステは料金がリーズナブルですし、脱毛するためにかかる手間とかストレスを照らし合わせるとお得なんです。

料金は気になりますが、それ以外にも予約のしやすさ、通いやすい場所にあるかなど、チェックすべきポイントは多々あるんですが、現代のサロンの脱毛効果は半永久的であると高評価になっているので、人気です。

Vラインなど、敏感な所は痛みがあると言われていますが、医療レーザーと比べればエステサロンの方が痛みはないので不安がらずに脱毛施術を受けることができると思われます。

VIOのラインを処理するのもいいと思うんですが、色素沈着を起こしたり毛嚢炎になってしまうケースや、炎症になってしまうこともあるようですから、VIOは自分で剃ったりせず脱毛専用のサロンで処理しましょう。

お試し脱毛はスタッフの接客を見るまたとないチャンスで、施術の方法が確認できるだけではなく、脱毛サロンの雰囲気やスタッフの教育面とかがすぐ分かるので、初めてなら体験してみる事が大切です。

自分で無駄な毛をお手入れのせいでストレスになるので、不快な気持ちにならずムダ毛処理をする事が可能となれば助かるんですが、それを実現するのが脱毛サロンですから、施術を検討しましょう。

現在は、多くの女性達がスベスベの綺麗な肌を手に入れたいと考えていますが、予算があるなら全身の無駄毛を処理したいと考える人もいるはずですから、お得なサロンやクリニックを探す必要があります。

脱毛は痛みがあるというイメージが定着して、不安になる方も多いようですが、情報収集すると脱毛してくれるお店はみんな同じではないので、痛みに対する情報をチェックしてエステサロンを見極めたりしている方もいるようです。

敏感肌の方でも施術を受けられますし、カウンセリングなどもしてもらえますので、脱毛費用の事なども注意深く聞いて他と比較してもいいと思われます。

夏を目前にして、首筋などを脱毛する方が増えるんですが、お祭りなどで浴衣を着る方が増えるということで、最近はうなじを綺麗にしたい女の子が多くなりつつあります。

脱毛は何度か施術しないと効果は出にくく、脱毛後は毛が抜けていきますので、満足できるようですが、どんどん時間が過ぎるとすぐ成長するので効果がないように思う方もいますが、人気のサロンの脱毛を継続した方がいいと思います。